まずはご相談

ウリアゲガンバ 売上アップに貢献する広告ソリューションの総合サイト

b025

Jul.19

乳児の4人に1人がスマホを使う「ポスト・デジタルネイティブ」とは?

電通 子ども調査のユニークさと有用性[前編]

幼児のころからタッチスクリーンを操作する光景を見て、「この子どもたちは、どんな大人になるのだろう」と思うことはありませんか?

 

電通が、オーディエンス(=メディアの受け手側)の行動特性に関して、マーケティング戦略に役立つインサイト(洞察)を提供する「オーディエンスインサイト・ソリューション」。その中の1つ、子どものメディア利用に関する調査レポートは、客観性・学術性を備え、かつ希少な子ども分野のレポートということで、さまざまなビジネス領域で活用されています。

 

この調査レポートの中でも特に興味深いトピックについて、同調査に携わるふたりに話を聞きました。「0歳児の4人に1人がスマホを使う世代=ポスト・デジタルネイティブ」とは、果たしてどんな世代でしょうか!?

 

乳幼児から小中学生対象の貴重なレポート

子どものメディア利用に関する調査を行うことになった経緯は?

 

長尾:もともとは橋元良明教授(東京大学名誉教授、東京女子大学現代教養学部教授)と共同で、2007年頃から若者のメディア利用に関する調査を行ってきました。小さな子どもの世代までは含まれていませんでしたが、3年ほど前に、これからの時代を考えるにはより若い層にも注目すべきだろうと、乳幼児・小学生・中学生に関する調査も始めました。

 

森下:メディア利用に関するレポートは他社のものでいろいろありますが、乳幼児や小学生を調査対象にしたものはほとんどありません。というのも、その年代は調査手法の面から、なかなか実態をとらえづらいからです。今回私たちは、親御さんに代わりに答えていただく形で、定量と定性の両方のアプローチで丁寧に調査を行いました。

 

乳児の4人に1人がスマホを使う「ポスト・デジタルネイティブ」とは?
~電通 子ども調査のユニークさと有用性[前編]~
記事の続きはこちらから ⇒

※Do!Solutionsの記事ページへ遷移します。

出典元

会員登録(無料)すると、
最新記事をメールでお知らせ!

無料登録

電通グループの知見や実績が
詰まった広告の最新動向がわかる

  • 広告の教科書をダウンロードしたい方
  • 広告枠を詳しく知りたい方
  • 広告課題の相談をしたい方

まずはお気軽にご連絡下さい!

TOP